サイトマップ

高血圧症について

高血圧とは
血圧140/90mmHg以上の高血圧症の方は全国で約3,000万人と推定され、日本人の4人に1人、更に50歳以上では2人に1人が高血圧症とされ、まさに国民病とも言えます。
高血圧は自覚症状がほとんどなく、長期間(510年以上)放置すると心臓や血管に強い負担がかかります。
その結果、動脈硬化が進行して、脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、慢性腎不全などの症状を引き起こし、重い後遺症(麻痺、寝たきり、心不全、血液透析など)を残して生活のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を狭めるのみならず、しばしば生死に関わるような事態を招きます。

高血圧症の種類と原因
高血圧症の原因には、生活習慣の乱れが原因と言われる本態性高血圧症と、腫瘍や血管の異常が原因である二次性高血圧症に大別されます。
二次性高血圧症は根治が可能であるため、当院では、まず最初に二次性高血圧症の検査を行ないます。
検査で異常がなく、本態性高血圧症と診断されれば、各人の病状に応じて、高血圧治療ガイドラインに則した血圧目標値を設定します。
その後、血圧目標値を達成出来るように、食事療法・運動療法を指導し、降圧薬の処方を行なっています。

予約(電話)受付

当院では、忙しい方のために電話予約を受け付けて
います。再診のかただけでなく、初診の
かたも電話予約
が出来ます。(予約日時は
当院指定の日時に限ります)

お電話でのご予約時に、「名前」「連絡先」
「簡単な受診内容(例:高血圧の精査,
発熱の精査など)」をお伺いします
ので
ご準備をお願いします。

初診のかたへ

1 まず、受付で「保険証」「紹介状」などを提出してください。予約の方は
  予約日時をお申し出ください。

2 次に問診表の記載をお願いいたします。うまく書けない方はスタッフが
  お手伝い
いたします。

3 腎疾患の早期発見のため、尿検査を行います。

4 待合室でお待ちください。患者さんや家族のかたのための図書を用意していますので
  ご利用ください。

5 順番になりましたら診察室にお呼びいたします。

6 必要により血液検査、レントゲン、心電図などの検査をします。検査の結果は
  コピーしてお渡し
出来ます。

7 診察が終わりましたら次回診察日時を決めます。

8 会計をしてください。当院では院外処方になっています。
  お薬はかかりつけ薬局でお受け取りください。

再診のかたへ

1 受付で「診察券」を提出してください。

2 待合室でお待ちください。

3 順番になりましたら診察室にお呼びいたします。

4 診察が終わりましたら次回診察日時を決めます。

5 会計をしてください.お薬はかかりつけ薬局でお受け取りください。